セロトニンと睡眠の関係!質と精神の安定のために「YOKONE(ヨコネ)」 がおすすめ!

YOKONE(ヨコネ)

セロトニンと睡眠の関係

セロトニンの重要性

セロトニンは脳内伝達物質のひとつで、脳内で情報を行き来させる時に必要となる物質のことです。

他の脳内伝達物質とし有名なものに快感や攻撃性、喜びをつかさどるドーパミン。

また、不安や恐怖、怒り、意欲などを司っているノルアドレナリンがあります。

セロトニンと睡眠

それに対して
セロトニンは精神の安定やドーパミンやノルアドレナリンが過剰になるのを防ぐ役割を果たしています。

ドーパミンやノルアドレナリンが強く分泌され過ぎると、人は常に不安やストレス、また怒りなどを感じている状態になりやすくなります。

不安を感じたり、ストレスを感じた時は、セロトニン不足を考えるといいでしょう。

うつ病の原因もセロトニン??

セロトニンの働きが、不安やストレス、怒りなどの原因、精神の不安定を引き起こすということで、

うつ病の原因とも言われ、この物質の分泌量の低下が挙げられていることからも、精神の安定にいかに大きな役割を果たしているかが理解できます。

良い睡眠がセロトニンの働きを助ける

夜になるとセロトニンは、メラトニンと呼ばれる物質に変化します。

メラトニンは夜になれば自然と人間の体を睡眠に導きます。

良い睡眠

つまりこれが正しく行われていれば夜になれば自然と眠ることができ、睡眠の質を上げることが期待できます。

しかし、逆に
その量が不足していれば、いつまで経っても眠りにつくことができないため、睡眠の質は著しく低下してしまいます。

ですから、良質な睡眠を確保し分泌量を一定に保つことが、心身共に健康的な生活を送るためには重要なことです。

日本人の45%は横向き寝

日本人の45%は横向き寝というデータがあります。

横向き寝

一般的に眠る時は仰向けの姿勢をイメージされると思いますが

実は、理想的な寝方は右側を下にして足を軽く曲げ身体がS字になる横向き寝がいいと東洋医学ではいわれています。

横向きで寝るメリットは睡眠の質が上がるだけではなく、

  • いびきの軽減
  • 睡眠時無呼吸症候群の防止
  • 腹痛が楽になる

ということもあげられます。

横向き寝

睡眠をサポートするYOKONE(ヨコネ)

セロトニンの働きを助ける良い睡眠を得るために、枕のセレクトもその1つです。

そこで、今、注目されている商品がYOKONE(ヨコネ)です。

このヨコネのスゴイところが、良眠が良いとされる、横向き寝専用ということです。

特許の技術で横向き寝をサポートする 横向き寝専用まくらを試してみませんか?

ヨコネ:テレビ・新聞・雑誌でも有名

ヨコネの注目は、テレビや雑誌などのメディア紹介でも確認ができますね。

ヨコネ 口コミ
ヨコネ お試し

セロトニン不足が不眠症やうつ病を引き起こすことも

現在、心身症に大きく関わるホルモンとしてセロトニンが注目されており、この神経伝達物質が不足することが、うつ病や不眠症を引き起こす一つの原因であることが分かってきています。

セロトニンとは脳内の神経伝達物質のひとつであり、別名幸せホルモンなどとも呼ばれることもあるホルモンの一種です。

脳内には主にノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどの神経伝達物質がお互いの特徴を生かしながらうまくバランスをとって働いているのですが、強いストレスや不健康で不規則な生活などが原因で、それらの神経伝達物質がうまく働くなることがあると、心身に不調を感じやすくなることがあります。

特にセロトニンには精神の安定を保ったり、眠りの質を上げる働きがあり、その働きが鈍化することで何事にも幸せを感じられなくなったりやる気が起きなくなったりといったうつ症状が出始めたり、夜も疲れているのに眠れないなどの不眠症の症状を引き起こすことがあります。

症状が重い場合はもちろん医療機関を受診して症状にあった治療を行うことが重要ですが、手軽にセロトニンを補う方法としては日光を浴びたりビタミンB6やトリプトファンの摂取、適度な運動などが挙げられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました