セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ3大神経伝達物質です

セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンと並び3大神経伝達物質とよばれています。

ドーパミンは、フェニルアラニンやチロシンというアミノ酸がチロシン水酸化酵素やドーパ脱炭酸酵素の働きにより生合成されるカテコールアミンであり、このカテコールアミンがβ水酸化される事によりノルアドレナリンが生合成されます。

セロトニンは、必須アミノ酸トリプトファンから脳幹の縫線核で生成される為、生成量を増やすにはトリプトファンを含む食品の摂取が必須です。

セロトニンは、人間の生体活動に必須とされる成分ですが、体内に約10mg程度しか存在しないとされ、約90%が小腸粘膜のクロム親和細胞に存在し消化管の働きをコントロールしています。

残りのうち8%は、止血作用や血管の収縮作用をコントロールする為に結晶板に存在し、血流に乗って体内を循環します。

しかし、一般に知られている睡眠や精神安定などの作用に関与しているのは、脳の中枢神経に存在する僅か2%です。その為、セロトニンの不足や作用の鈍化などが生じ易く、うつ病などの精神疾患の起因となる事があり、逆に過剰にこの神経伝達物質が生成されると中毒症状を発症事もあるので、適切な量を維持する必要があります。

セロトニン症候群

セロトニン症候群には、セントジョーンズワートやトリプトファンの摂取が有効です。

うつ病は、トリプトファンから生成されるセロトニンとドーパミンから生成されるノルアドレナリンの量が減少する事により発症する精神疾患であり、特に前頭葉の言語や運動、精神などを司る部分の血流や代謝が著しく低下します。

治療には、SSRIを第1選択治療薬としてSNRIや三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬などセロトニン再取り込み阻害薬に加え、SSRIやSNRIと異なる作用機序を持つ抗うつ薬NaSSAが処方されています。

しかし、抗うつ薬には、治療中に急激なセロトニン濃度の上昇により発症するセロトニン症候群と呼ばれる副作用があり、この症候群は異常発汗や高血圧などの自律神経症状、反射亢進やミオクローヌスなどの全身症状、錯乱や昏睡などの精神症状などの副作用が見られます。

その為、抗うつ薬と同等の効果を有しながら、副作用の発現頻度が少ないセントジョーンズワートが注目されています。

セントジョーンズワートもは、ヨーロッパからアジア地域を原産とする暑い時期に可愛らしい黄色い花を咲かせるハーブであり、含有成分であるハイパフォリンやヒペリシンがうつ病に有効とされています。

又、第7の栄養素と呼ばれるフラボノイド系ファイトケミカル、タンニン類などの有効成分も含有している為、うつ病だけで無く更年期障害や自律神経失調症にも有効とされるハーブです。

セロトニン減少

セロトニンが減少すると自律神経のバランスが乱れる?

セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンと同じく人間が生活するにあたって必要不可欠な神経伝達物質の一つです。

その中でもセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンの両方の神経をコントロールする役目を担っており、同時に自律神経のバランスを保っています。

一般的に、セロトニンはリラックス効果や内臓の働きを高める副交感神経に作用し、緊張や攻撃態勢を作る交感神経はノルアドレナリンに作用し、ストレスや不安をどう処理していくかを判断する神経でもあります。

セロトニンは幸福物質とも呼ばれ正常に働いているときには問題ありませんが、何らかの原因によって減少してしまうとドーパミンやノルアドレナリンなどの神経の働きが不十分になるだけでなく自律神経が乱れる原因ともなります。

不足してしまうことで不眠や片頭痛などの症状も起こりやすくなり、また女性は男性よりも多くのセロトニンを必要とすることから不足すると産後うつや冷え性、PMSなどが悪化する原因にもなりかねません。

加齢や過度なストレスによって減少していくために、日頃からストレスを溜めすぎずにすぐに解消することを心がけて減少させない生活を送ることが心身ともに大切なこととなってくるのです。

SSRIとSNRI

SSRIとSNRIは大量投与もローリスクなセロトニン再取込阻害薬
SSRIとSNRIは、共にセロトニン再取り込みですが、SNRIはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれ、セロトニン濃度だけでなく怒りのホルモンとよばれるドーパミンから生成されるノルアドレナリン濃度も高める効果があり、SSRIの服用によりうつ病の症状改善が見られない時に処方されます。

SSRIは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる第3世代の抗うつ剤であり、セロトニントランスポーターによる再取り込みを阻害する事で濃度を高め精神症状を緩和改善する効果を示します。

現在では、うつ病だけでは無く、パニック障害や強迫性障害などの精神疾患の第1選択治療薬とされています。

副作用としては、両端にベンゼン環を持つ環状構造の第一世代の三環系の抗うつ薬の様にアセチルコリンの働きを阻害し無い為、吐き気や便秘、眠気、排尿障害、動悸、不整脈、性機能障害などの症状の発生頻度も少なく、服用開始から2週間?3週間で症状が出なくなるとされています。

又、三環系抗うつ薬の様に使用依存性遮断と呼ばれるキニジン様相作用による心毒性を示す事が無いので、大量投与されても致命的な状態に陥る事が無く、安全な抗うつ薬とされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました