セロトニン!神経伝達物質!幸せホルモンとは!オキシトシン!

セロトニンは、幸せホルモンとしても知られていて、セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症になると言われています。

神経伝達物質のセロトニンは、落ち着きを持たせる安定させる脳内物質です。

幸せホルモンと呼ばれるのに、神経伝達物質オキシトシンもあります。リラックスした状態になり、ストレスを緩和させる働きがあります。

オキシトシンは、マッサージや、家族との団欒、料理をすることでも分泌されます。

幸せホルモンを多く分泌させたい場合は、ペットと遊んだり、友達と遊んだり、好きなことをすることで、脳がリラックスした状態になり、セロトニンや、オキシトシンが多く分泌されて、ストレスが緩和させる効果が期待できます。

セロトニンは、朝起きてから朝日を浴びることで、たくさん分泌されます。

日差しを浴びないと、気分の低下や、体調不良につながる原因にもなります。朝に起きたら、朝日を浴びることを習慣にすると良いでしょう。

ウオーキングを日課に取り入れることもリラックス効果、ストレス解消につながります。

運動不足や、偏った食事により、ホルモンバランスが崩れてしまうので、日ごろから規則正しい生活と、運動を習慣にしていくことで、気分の低下や、うつを防ぐ効果もあります。

規則正しい生活と太陽

セロトニンの増加には規則正しい生活と太陽の光が効果的です
セロトニンとは脳内の神経伝達物質のひとつです。

気持ちを落ち着けたり、また入眠を良くしたり睡眠の質を向上させる役割を担っています。

よってセロトニンが不足すると、たとえば精神的な不安を感じやすくなって心身の状態を崩してしまったり、睡眠に関する障害が出てきて日中の生活に支障が出てくることが考えられます。

そのためこの量に気を配るのはとても重要なことです。

特に日本人は、遺伝子的にセロトニンが活用されにくい体質である人が多いと言う研究結果もあるので、自分でその量を増加させて、少しでも多くの量が活用されるように努めることが望ましいです。

セロトニンの量を増加させるためには、まず規則正しい生活を心がけることが必要です。

そしてこれは太陽の光を浴びることにもつながります。

と言うのも、規則正しい生活をしていれば、つまり夜、眠り、朝、目を覚まし、日中に活動をすると言う生活習慣を送っていれば、太陽の光は自然と浴びるためです。

逆にこのような生活習慣のリズムからは外れた生活習慣を送っていると、太陽の光を浴びることは少なくなってしまいます。

すると私たちの体で1日のリズムを刻んでいる体内時計が狂ってしまい、セロトニンの分泌量の低下を招くことにもつながります。

ですから、増加を心がけるのであれば、できるだけこのような点に気をつけることが必要です。

仕事などでどうしてもこれが難しいと言う場合には、人工的な光を上手に利用して、自分の生活習慣に合わせた朝と夜の区別をつけることが効果的です。

トリプトファンとビタミンB6

トリプトファンとビタミンB6でセロトニンを作りながら炭水化物も吸収
セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれる神経伝達物質で、トリプトファンとビタミンB6を原料にする形で作られます。

不足する場合には、精神の状態が不安定になったり、睡眠の質が下がってしまうことがあります。

セロトニンを原料にする形で、安眠に欠かせないメラトニンも作られるためですが、不足させないためにはバランスが良い食事をして、笑顔を絶やさずに暮らすことも大切です。

セロトニンは脳の安定に欠かせないものですが、同様に炭水化物も大切なもので、ブドウ糖に変換されて吸収されます。

そのために、脳にとっては二つとも欠かせないもので、片方が不足する場合でも困ることになるわけです。両方を万遍なく摂取しながら、規則正しい生活をしている人は健康を維持しやすくなります。

トリプトファンはアミノ酸の一種になるため、肉や魚に多いのは当然ですが、発酵させたものには特に豊富です。

さらに、大豆食品も多く含まれていますが、納豆にはビタミンB6も同時に多くなるため、味噌汁に入れて食べることは理にかなっています。

炭水化物は主食となる穀物から吸収しながら、トリプトファンなどは主菜となる料理から吸収し、足りない分は副菜やサプリメントから吸収することも重要です。

時差ボケやうつ病

セロトニンは、中枢神経だけで無く消化管と血管にも存在する。時差ボケやうつ病
セロトニンは、時差ボケやうつ病などの精神疾患の原因とされる3大神経伝達物質の1つとされ、情動抑制作用や体温調整作用、睡眠促進作用、食欲抑制作用など多くの機能を司っています。

しかし、体内に存在するセロトニンのほとんどに当たる90%?95%が、小腸粘膜のクロム親和細胞に存在し消化管の調整機能を司り、3%?8%が血管内に存在しています。

その為、脳の中枢神経で作用するセロトニンは僅か2%程度と非常に少なく、腸内で生成されるこの神経伝達物質も脳の中枢神経に作用しているとも考えられています。

セロトニン自体は、脳幹の縫線核や腸内で必須アミノ酸トリプトファンから生成されていますが、腸内で生成される神経伝達物質は血液脳関門を通過出来ない為、脳の中枢神経に影響を与える事が無いとされていますが、腸内で生成された中間生成物質5-ヒドロキシトリプトファンは血液脳関門を通過出来、腸内細菌の善玉菌が5-ヒドロキシトリプトファンを脳まで送る役割を司っている事が確認され、腸内で生成されるこの神経伝達物質が脳に作用していると考えられています。

その為、セロトニン量を増やす方法として、太陽の陽射しを体に浴びる事やリズム運動だけで無く、腸内環境を整える事も有効とされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました